サノレックスは通販で買えるの?

サノレックスは通販で購入出来ません!

 

 

ダイエットしているのに空腹に勝てずお菓子をつまんだりしていませんか?

 

食欲が抑えられずついつい食べすぎているとなかなか痩せられません。

 

サノレックスは肥満外来で処方される食欲抑制剤ですが、病院やクリニックで医師の診察を受けて処方してもらうお薬です。

 

肥満外来に通院してBMI35以上の肥満の方には保険が適応しますがBMIが35未満だと保険が使えませんので自費になってしまいます。

 

サノレックスは通販や個人輸入でも買えないので、サノレックスを飲むのは余程の肥満者でなければハードルが高いのです。

 

当サイトでは1人ではなかなかうまく痩せられず困っている方に通販で簡単に買えるサノレックス以外の食欲抑制剤をご紹介しています。

 

サノレックスが肥満外来で処方されるのは高度の肥満患者だけ

 

 

サノレックスは肥満外来にて処方可能です。また保険適応で処方されるのに条件があります。

 

サノレックスはBMIが35以上でなければ保険が使えません。BMI35以上というのは普通の肥満ではなく、高度肥満症の方のみを対象としております。

 

BMI35以下の方には基本的に処方されません。どうしても処方を求める方には自由診療扱いになり、保険なしの扱いで、高額になってしまいます。

 

保険なしの価格は決まりはありませんが、10錠(1シート)で5000円〜10000円が相場になります。

 

サノレックスは飲み始めは1日1錠ですが途中で1日2錠に増量します。1錠だけ飲んでいたとしても10日分1万円で1か月は3万円です。

 

これが保険適応だと3割負担になりますので、保険なしに比べれば低額になります。

 

また自由診療の場合でもあまりにBMIが低い場合は処方されることが難しい点にも注意が必要です。

 

更に自由診療の場合は医師の診察を受けますので当然サノレックスの薬以外にも診察費用が請求されます。

 

これも病院により異なりますが、高額になってしまいます。

 

高度肥満症以外の方には処方してもらうのが難しく、処方してもらっても保険が使えないのでとても高額なのです。

 

サノレックス以外の食欲抑制剤がおすすめ!

 

サノレックスが欲しいという方に通販で買える他の食欲抑制剤をご紹介します!

 

ファスティン・食欲抑制剤

 

ファスティン

 

ファスティンは食欲を抑えてくれるので摂取するカロリーを少なく出来ます。
食欲を減らしてダイエット効果を得ようとするのはサノレックスと同じですね。

 

またサーモRXが代謝を促すので脂肪を減らします。
ファスティンは肥満の専門医が開発していてサノレックスのように食欲を抑えるので食べすぎなくなります。

 

成分は活性フェネチルアミンアルカロイドで神経伝達物質に働きかけるので食欲の爆発を鎮めます。

 

ファスティンの口コミ

 

ファスティンを飲んでダイエットした方の口コミです。

 

本当に食欲がなくなります。副作用は感じていません。
汗がものすごく出て動機とめまいがしました。
飲むとすぐに食べたい気持ちが抑えられました。

 

味がまずくすぐ飲み込むようにしています。
飲むとすぐ食欲がなくなりましたが飲むのを辞めたらすぐ体重が戻ってしまいました。

 

半信半疑でしたが実際に食欲が減り、体重も面白い程減りました。
1か月で4kg減量しました。
体重が減るのでもう少し継続するつもりです。

 

>>食欲抑制剤のファスティンはこちら

 

リポドリン

 

リポドリン

 

アメリカで爆発的に売れたのがリポドリンです。

 

アメリカは肥満大国なのでダイエット効果の高いリポドリンの人気が高いです。リポドリンの効果で一際注目されているのが食欲を抑え事です。

 

体温を上げて脂肪を燃やしてくれる働きがあります。エフェドラエキスという成分が発汗、脂肪燃焼、食欲を抑える働きをします。

 

>>リポドリンはこちら

 

ゼロファットA(フーディア)

 

ゼロファットA(フーディア)

 

ゼロファットA(フーディア)は満腹中枢に働きかけるので満腹感を得る事が出来るサプリです。

 

脂肪燃焼の反響があるので汗をかかない交代が悪い、体温が小さいと感じている皆さんにも適してある。

 

成分はフーディアゴルドニーでどうしても食べすぎてしまうというお悩みの方におすすめです。

 

空腹感と戦うのが辛いという方ならフーディアゴルドニーで食欲を低下させることが可能です。

 

副作用がほとんどないのがメリットなので、ダイエットサプリの副作用が気になる方ならゼロファットAがおすすめです。

 

>>ゼロファットAはこちら

 

糖質が好きな方ならカーボブロッカーがおすすめ

 

 

カーボブロッカーは糖質吸収抑制剤です。
炭水化物やスイーツが好きな方ならカーボブロッカーが効果あります。

 

脂っこい物を我慢するより、どうしても甘い物が好きすぎてやめられない人の方が多いです。

 

炭水化物、間食がやめられず何度もダイエットを失敗を繰り返している方に。

 

>>カーボブロッカー

 

ゼニカルは脂肪を排出する薬でダイエットにおすすめです

 

食欲抑制剤の他に脂肪吸収を抑えるゼニカルもダイエット効果があります。

 

美容外科の外来ではサノレックスだけではなく脂肪吸収抑制剤のゼニカルもダイエット目的で処方されます。

 


ゼニカル

 

ゼニカルには、主に脂肪の吸収を抑制する効能があります。

 

もともと、スイスで肥満治療薬として販売されているため、効能については保証済みの製薬となります。

 

脂肪の吸収を抑制する仕組みには、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制するものとなっています。

 

ゼニカルには、脂肪が吸収されずにそのまま排出する性質があるため、脂溶性ビタミン群も一緒に出す特徴が持たれています。

 

そのため、ゼニカルを服用している間は、ビタミン剤のサプリメントの摂取を考慮に入れる必要があります。

 

油との関連性は先述の通り、リパーゼに作用することによって腸管からの脂肪の吸収をブロックする働きがあるため、大便として排出される仕組みになっています。

 

>>ゼニカルはこちら

 

ゼニカルの口コミ

 

サノレックスが食欲抑制するのに対しゼニカルは脂肪の吸収を抑えます。
サノレックスが合わない、食欲抑制剤よりも脂肪を摂らないようにしたいという方ならゼニカルがおすすめです。

 

ゼニカルを実際に飲んだ方の口コミをご紹介します。

 

ゼニカルを通販で購入しました。初めての個人輸入で心配でしたが、きちんと届きました。
飲み始めてから油が出るようになったので、偽物でもないとわかり、安心しました。
これから飲み続けて行きたいです。

 

産後太りが酷く、なかなか体重が落ちませんでした。旦那にも毎日いつ痩せるのと言われているのが苦痛でした。
そんな時にゼニカルの存在を知り、通販で注文しました。すると今まで落ちなかった体重がみるみる落ちていきました。
旦那を見返す事が出来たので、良かったです。

若い頃はいくら食べても太らなかったのですが、歳を取るごとに体重が増えていきました。
しかし、食欲だけは若い時のままで食事制限をする事が出来ませんでした。
ゼニカルは食事制限をしなくても排泄するという謳い文句がある事を知り、購入しました。
毎日朝はトイレで油を出し続けています。どれだけ食べてもゼニカルがあれば安心です。

 

ハンバーガーが大好きで、ほぼ毎日食べていました。顔中が油のせいでニキビまみれになってしまい、体重も人に言えない位になりました。これではだめだと感じ、痩せる為、ゼニカルを購入しました。油の排泄で、ニキビもましになってきて、体重もそこそこ落ちてきました。これからも安心してハンバーガーを食べる事ができます。

 

学生時代にスポーツをしており、体力には自信がありましたが、段々運動量が減ってきて、ここ最近はお腹もぶよぶよになっていました。そんな時に太っている友人が痩せている事に気づきました。話を聞くとゼニカルで痩せたそうです。
早速注文して飲み始めるとオナラを出す度に油が出てくるので、効き目を感じました。
コントロールが大変ですが、暫くは飲み続けたいです。

 

ゼニカルは個人輸入で通販購入した方がおすすめ

 

 

ゼニカルは通販で個人輸入した方がお勧めです。

 

価格がとても安価で、売れている理由は安全性とダイエット効果です。

 

ダイエットの薬は数ありますが、特にサノレックスは依存症になるリスクもありますし、他のサプリもそもそも効果がなかったとり様々です。

 

ゼニカルは油を排泄してくれ、カロリーを抑えてくれるので確実にダイエットが可能です。

 

飲むだけでやせる事が出来る手軽さも受けており、副作用もなく、安全な為、通販で人気で売れています。

 

日本では認可されていない為、個人輸入以外の方法だと海外まで行く必要があります。

 

そこで、処方箋として受ける必要があるので、莫大なコストがかかってしまいます。その様な費用をかけずにゼニカルを入手できる通販の個人輸入が非常にお勧めです。

 

>>脂肪吸収を抑えるゼニカルはこちら<<

 

ゼニカルは即効性があるの?

 

ゼニカルの主要成分であるオルリスタットの働きにより、カロリーの高い脂質の吸収を抑制する効果が高いためダイエットに有効です。

 

食物に含まれる糖質やタンパク質などは、基礎代謝を維持する栄養素は、そのまま吸収され健康的に痩せることができます。

 

3代栄養素の中でも高カロリーリである脂質をコントロールすることができるのがゼニカルであり、緩やかに体重を減らしていくので健康を阻害することなくダイエットでき、しかも、神経に対する作用や依存性もなくリバンドのリスクもない医薬品なのです。

 

急に1か月10kg痩せられるまでの即効性はありませんがゼニカルは脂質の吸収を妨げるのでダイエットが成功しなかった方にとっては即効性があると感じる事でしょう。

 

ゼニカルは、経口内服薬であり、3食の食事に合わせ、食事中または食後に、1錠を水と一緒に服用することで脂質の吸収を抑制することが出来ます。

 

ゼニカルの飲み方・注意点

 

ゼニカルの飲み方ですが、1日の間に食事をする朝と昼と夜の時間に、ゼニカル1錠を水で飲んでいくことになり、特別に難しいものではありますから続けて服用することができるでしょう。

 

危険性についてはこれまでに重い副作用は報告されてはいないといいますので、服用方法を守って飲んでいきましょう。

 

しかし、ゼニカルには注意点があります。摂取した脂質の吸収を阻害してくれますので、その余分な脂質は排便時に出るとされています。

 

通常ですと便と一緒に油が出ますが、油のみが排出されることがあり脂溶性ビタミンも阻害され不足しがちになります。

 

ビタミンA、D、E、Kやβカロテンなどが不足するリスクもありサプリメントを飲んで補うといいです。

 

ゼニカルの注意点として知っておかれるのがいいでしょう。

 

ゼニカルの副作用

 

脂肪の吸収を抑えるゼニカルの副作用をご紹介します。

 

ゼニカルの副作用は最も出やすい症状は下痢です。また急に便利を感じたりおならが増える症状が出現します。

 

おならが出る時に便が一緒に出てしまう可能性も高いので下着にナプキンをつけておくと良いでしょう。

 

男性がゼニカルを服用する場合、ナプキンを使うのは抵抗があるかもしれませんが下着を汚さないようにする工夫は必要です。

 

仕事が休みの時にゼニカルを服用し副作用がどの程度起きるのか確認すると安心でしょう。

 

他にも食欲不振や体のだるさ、皮膚掻痒感などが起きる事もあります。

 

ゼニカルを飲むと下痢でトイレに行くのは頻回になる?

 

ゼニカルはダイエットをしている方に注目されてる薬ですが、これを服用する事で月やトイレに行く回数が増える方がいます。

 

原因としてはこの薬の特性によります。これらの症状はゼニカルを飲む事によっておこる副作用に該当し、飲み始めの数か月程度はこの症状があらわれる方が多いですが、早い方で1週から2週間程度で状態が落ち着いてきます。

 

この症状が続く期間や症状は個人差があるので、しばらくは生理用のナプキンで下着が汚れないように工夫をして過ごすと良いです。

 

ゼニカルを服用した後の下痢やトイレに行く回数が多くなる理由は、食事でとった脂が体内に吸収されないので、排便にその脂が含まれることにより下痢や軟便などになるからです。

 

ゼニカルはアマゾンや楽天で買えないのか?

 

ゼニカルは人気のあるダイエット商品ですが、残念ながらアマゾンや楽天で買うことはできません。

 

アマゾンや楽天で販売しているダイエット商品は、サプリメント扱いのものがほとんどです。

 

ゼニカルが楽天やアマゾンで買えない理由は、病院で処方箋が必要な薬だからで、購入するにはクリニックで処方してもらう必要があります。

 

ただし、通院や診察が面倒な人は、個人輸入であれば通販で購入することは可能です。

 

個人輸入代行の通販であれば、家にいながらゼニカルを購入することができ、処方箋の必要はありません。

 

クリニックでゼニカルを処方してもらうと保険が適用されないので、1錠あたりの値段が500円以上と高額です。

 

通販なら消費税がかからず、クリニックで購入するよりゼニカルを安く買うことができるので気軽に試すことができます。

 

ゼニカルと飲み合わせで併用禁忌な薬

 

ゼニカルとの飲み合わせを行う際、併用禁忌な薬とそれぞれの禁忌の理由をいくつか紹介します。

 

まず、免疫分散剤であるシクロスポリンです。この薬は、臓器移植の拒絶反応抑制・自己免疫疾患などの治療に使用されます。ゼニカルの主成分であるオルリスタットと同時使用した際に、血漿濃度の低下が起こり、医薬効果を下げてしまうリスクがあります。一般的にはあまり利用する機会のない医薬ですが、臓器移植の経験がある場合、ゼニカルの利用に注意しなければいけません。

 

次に、経口抗凝血剤です。この薬は、心臓や血管の疾患を抱えており、血液が固まりやすくなっている患者に使用されることがある医薬品です。併用時、INRを確認する必要があるので避けるべきです。

 

上記2つより危険度は落ちますが、経口避妊薬(ピル)も注意が必要です。副作用が有るわけではありませんが、ゼニカルがピルの吸収を阻害してしまう恐れがあるため、避妊効果が落ちてしまうことがあります。ピルを飲む場合は、ゼニカルを飲んでから2時間程度、時間を空けるべきです。
また、抗てんかん薬の併用も推奨されません。事例として、抗てんかん薬を飲んでいたにもかかわらずてんかんを発症したケースがあるためです。

 

サノレックスというゼニカルを比較・どう違うの?

 

サノレックスとゼニカルを比較してみましょう。両方ダイエット目的ではありますが効果効能が違います。

 

サノレックスは食欲抑制し、ゼニカルは脂肪を排泄するので食欲抑制するより直接的なダイエットが出来ます。

 

サノレックスとゼニカルどちらも肥満の治療に使われるお薬で体重減少、ダイエット効果が期待できますが身体への作用の仕方に大きな違いがあります。

 

サノレックスは神経に働きかけて食欲を抑え、結果として食事量が減って体重減少をねらったお薬です。

 

これに対してゼニカルは腸の脂肪分解酵素に作用して脂肪の吸収を減少させることで摂取カロリーを少なくします。

 

サノレックスの場合は食べた分は摂取カロリーとして体内に吸収されるため、要はどれだけ食事量を減らすことができるかが問題で、神経に作用するお薬の特徴として長期間使用しているとお薬の効きが悪くなったり、また、食事を減らさなければ、あるいは食べたいものが食べられないなどの思いがストレスになることもあります。

 

しかし、ゼニカルでは服用前と同じ食事を摂っていても体内に吸収される脂肪の量がへって摂取カロリーも低く抑えられるので直接的にダイエットにつながります。

 

また、長期間服用してもお薬の効きが悪くなるようなことはなく効果は持続することや、食事制限せずにやせられることからストレスを感じることなく続けることができ、このことからもダイエットの成功率が高いといえるでしょう。

 

サノレックスは販売、amazon、楽天で買えない理由って何?

 

サノレックスが通販で買えないので他の食欲抑制剤やゼニカルを紹介してきましたがなぜサノレックスはネットで買えない理由を簡単に説明しておきますね。

 

サノレックスが個人輸入、アマゾン、楽天、市販でも買えない理由サノレックスは、薬物に対する耐性や精神的薬物依存性が短期間で発現する中枢神経興奮剤アンフェタミンと類似した薬理学的特性を有している事から、1990年に向精神薬に関する条約に加盟している日本国内では作用量と致死量の差が少ないバルビツール系のバルビタールや前向性健忘症を引き起こすベンゾジアゼピン系ジアゼパムなどの劇薬と共にスケジュールIVに指定されると共に第3種精神薬に指定され、処方及び個人輸入、海外からの持ち込みが薬事法や麻薬及び向精神薬取締法によって厳しく規制されています。

 

サノレックスの取り扱いは、病院や診療所などの医療機関に加え、向精神薬製造業者及び製剤業者や向精神薬卸売業、向精神薬輸入業者だけに限定されているので、個人輸入やアマゾン、楽天、ドラッグストアなどでOTC医薬品の様に購入する事は出来ない様に規制されています。

 

その為、サノレックスは、BMI35以上の高度肥満症患者に対して保険適応で専門の医療機関から処方されますが、BMI35未満は自由診療で処方して貰う必要があり、最大服用期間は3カ月と制限されると共に1回の処方量は2週間分が最長と制限されています。

 

サノレックスの効果、どんな成分が入っているのか

 

サノレックスの効果と成分について説明していきます。

 

サノレックスの主成分はマジンドールです。

 

このマジンドールという成分は脳の満腹中枢に働きかけ、食欲を抑える効果があるため、服用することで痩せることができると言われています。

 

つまり、サノレックスを飲むことによって大量に何かを食べずとも、少しの食事量で満足したり、お腹がすきにくくなり食欲がわかなくなるため、必要以上に食べ物を食べることがなくなるのです。

 

さらにそれだけでなく、サノレックスには代謝を良くする効果があるとされているため、普段以上にカロリーを消費しやすくなります。

 

つまり食事量の低下と消費カロリーの増加の相乗効果によって体重の減少が見られるとされています。

 

こう聞くとまるで万能の薬のようにも思えるかもしれませんが、サノレックスは決して飲むだけで痩せるわけではありません。

 

食欲を抑制し、自然と少ない食事量で毎日を過ごすことで痩せられるとされています。また効果の現れ方には個人差があり、人によっては副作用が現れることもあります。

 

サノレックスの副作用について

 

サノレックスの副作用と安全性ですが、軽度な副作用を含めると全体の2割ほどの人が何かしらの違和感を覚えたという報告があります。

 

内容は口の渇き、便秘、嘔吐、胃部の不快感、眠気、めまい、頭痛といったものになります。

 

全体の2割となると大きな数字となりますが、そのなかでも口の渇きの報告が一番多くありまして、正しい用法や用量を守って使用する事によって副作用の発生を防ぐ事ができ、もし何かしらの症状が発生した場合は使用をすぐに中止して医師に相談してください。

 

サノレックスの重大な副作用は肺高血圧症と依存性が報告されていますが、頻度は稀で安全性は確保されています。

 

しかし、動物実験で精神依存の形成が認められた事もあり、長期服用をして依存性に繋がらないようにするため投与期間は3ヶ月以内とされています。

 

飲み方の注意点ですが、薬やアルコールの飲み合わせは注意しなければならず、アレルギーや特定の持病がある方や妊婦や小児は服用してはいけない事になっていますので医師と相談してください。